忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2018-10-23 00:37

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


母子家庭 公営住宅を安く借りれる

2010-04-09 12:34


母子家庭 公営住宅を安く借りれる

シングルマザーの方で、住宅費用を節約したいなら、断然、公営住宅がお薦めですね。
探せば公営住宅でなくても、賃貸料も安く、敷金・礼金も無料なんて住居もあるかもしれません。
しかし、公営住宅は、母子家庭の家賃が格段に安くなります。
これは、収入によって変化はしますが、母子家庭には特に優しい設定になっています。
地域によっても違いますが、家賃が一万円以下で3LDKなんてケースもざらにあります。
築年数が比較的新しい物件ですと、公営住宅とは思えないくらいに、びっくりするほど綺麗なところも多いです。
はっきりいって、母子家庭で、収入が一般男性並みにあるような場合でなければ、公営住宅より安い物件をみつける事は、不可能に近いでしょう。
設備の事で困った事があっても、公営だと何かと安心です。
ただし、競争率は高いです。
抽選ですので、運がよければすぐにでも入居できますが、何年も待つケースも多いです。
母子家庭は、優先順位が多少は優遇されるので、一般の申し込みよりは、抽選に当たる確率が高くなります。
申し込みは、役所などで配布している書類を使って郵送でするものと、インターネットで行うものがあります。
どちらで申し込みしても、確率には影響しません。
自治体によって、募集要項に違いがあるようなので、詳しい事は、お近くの役所などに問い合わせてみてください。
また、その際に、競争率の低い物件を教えて貰うのも一つの手です。

PR
スポンサードリンク


シングルマザーの割引制度

2010-04-09 12:34


シングルマザーの割引制度

シングルマザーになったら、家計の節約が必要不可欠です。
もちろん、一般家庭と同じように、食費や光熱費、交際費を節約する事も大切です。
でも、それだけでは限界があるはずです。
母子家庭は、収入が満足に得られていないケースが多いですから、普通の節約だけではやっていけないという方も多い事でしょう。
そこで注目すべきなのは、母子家庭向けの割引制度です。
シングルマザーを優遇した制度には、様々なものがあります。
全国的に共通しているものから、地域単位で実施しているものまで色々ですが、それらを利用すれば、生活も少なからず楽になるのではないでしょうか。
例えば、JRでは、定期券が割安で購入できます。
他にも、駐車場の利用料金が割引になったり、テーマパークの入場券が安く買えたりと、細かなものまで含めると、本当にたくさんの割引制度があります。
特に、東京都では、母子家庭に優しい制度が豊富なようです。
公的な減免制度に加え、このような制度も上手に利用して、お得にシングルマザー生活を送りたいものですね。
このような制度は、場所によって、種類も金額も必要な書類なども変わってくるので、近所の情報やよく利用する施設の情報など、一度確認してみてください。
シングルマザーで頑張っている先輩ママさんに聞いてみると、お得な情報をたくさん知っていたりするので、とても参考になりますよ。

スポンサードリンク


母子家庭 仕事と子育てを両立させるには

2010-04-09 12:33


母子家庭 仕事と子育てを両立させるには

シングルマザーだと、育児だけでも、大変な部分が多いですよね。
お風呂一つに入れるにしても、一人ではバタバタしてしまいます。
その上、収入も一人の力で手に入れないといけませんから、家事・育児と仕事の両立に悩む方も多いのではないでしょうか。
子どもをないがしろにして仕事に打ち込めば、子どもに寂しい思いをさせてしまいます。
だからといって、専業主婦では暮らしていけません。
生活保護などを受けられれば別ですが、それも厄介な部分が少なからずあります。
では、経済力のないシングルマザーには、両立は無理なのでしょうか?いいえ。
そんな事はありません。
シングルマザーでも、考え方を変えるだけで両立が可能になります。
シングルマザーは、必要以上に頑張り屋さんな方が多いのです。
一人ですべてしようとするから、うまくいかなくなるんです。
頼れる人、利用できる制度、便利な業者など、使えるものは、すべて使えばいいのです。
親や兄弟、友人に甘えるのも、両立には欠かせない手段です。
自治体によっては、シルバーさんや、ファミリーサポートなどを利用できる事もあります。
これなら、時給の数百円で依頼できるので、かなり便利です。
たまに息抜きがしたい時も、気軽に利用できます。
お金が掛かってしまうのは難点ですが、民間の家事代行を利用するのも一つの手です。
誰かに助けを求める強さも、シングルマザーには必要なのです。
甘えがいけない事なんて固定概念は、子どもの為にも自分の為にも、拭い去ってしまいましょう。

ブログ内検索