忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2018-08-15 20:42

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


禁煙 パッチ

2008-11-20 17:33

禁煙 パッチ

禁煙グッズの中に、禁煙パッチがあります。
喫煙者の症状といわれるニコチン依存症は、脳内の作用が原因でアセチルコリン受容体の種類の1つであるニコチン受容体にたばこから摂取したニコチンが結びつくことによって起こります。
禁煙パッチは、たばこから摂取するニコチンの代わりに腕に張る禁煙パッチからニコチンを供給して、たばこを吸う衝動を抑えようというものです。
禁煙パッチを使用すると、禁煙パッチに含まれるニコチンを腕の皮膚から取り込んでニコチン受容体に結びつけることになります。
「ニコチンを体内に入れたい」という欲望は、禁煙パッチにより抑えられるのですが、喫煙衝動はたばこの香り、煙、味も複合されていることと、禁煙パッチでニコチンを体内に取り入れることからニコチン依存症を完全になくすための手法ではないのです。
もちろん、禁煙ができた後にニコチンパッチの使用回数などを減らしていくことにより、ニコチン依存性からの脱却も可能です。
禁煙パッチは禁煙グッズの一つですが、禁煙パッチを貼ることにより皮膚が弱い人はかぶれたりすることもありますので使用には注意が必要です。
喫煙者は、たばこの味や香りも楽しんでいることもありニコチンだけを体内に入れる禁煙パッチで満足することはできないでしょう。
あくまで禁煙パッチは、禁煙のための補助材であり禁煙を成功させるためには、本人の意識と意思が最も重要であるのです。
禁煙を目指すとき、いろいろな方法を考えていくのですが禁煙グッズなどの補助材料を含めて考えていきましょう。
PR
スポンサードリンク


禁煙 グッズ

2008-11-20 17:32

禁煙 グッズ

現在、健康増進法の施行により分煙や全面禁煙の場所が増えてきており、禁煙が求められています。
禁煙は、ニコチン依存症を解消することで薬物依存症の中では軽いものとされています。
しかし、現実には「禁煙ほどやさしいものはない。だって何度でもできる」といわれるほど、完全に「禁煙」することが難しいのです。
そのために世の中には禁煙グッズが数多くあるのです。
禁煙グッズ」には、いろいろな種類があります。

・ニコチンをたばこ以外から供給して禁煙する:
ニコレットやニコレットパッチなどの商品でガムやパッチを使ってニコチンを体に入れて、禁断症状を抑制し禁煙に結びつける。

・経口薬で禁煙する。
禁煙グッズというよりは治療薬:
ニコチンを含まず、薬の有効成分がニコチン受容体に結合するために喫煙から得られる満足感を抑制する。

・禁煙パイプ:
香料や刺激剤をパイプのフィルターに仕込んでおき、喫煙衝動を紛らわせる禁煙グッズ。
口寂しさを紛らわせることと香料などからの刺激で喫煙願望を紛らわせる。

・禁煙飴:
たばこを吸う代わりに飴を舐めることによって紛らわせる禁煙グッズ。
この飴には、喫煙衝動を紛らわせるだけのものと、だんだんたばこがまずくなるタイプの2種類があります。

・電子たばこ:
たばこを吸う感覚で使う電子たばこで先端が赤くなり、無臭の煙も出る充電式のたばこ。
吸った感覚の禁煙グッズになります。

禁煙グッズによる禁煙のトライには、禁煙グッズの方向性によって禁煙が難しい場合もあり、禁煙グッズが手放せなくなる場合もあるようです。
自分の「禁煙の意思」が究極の禁煙グッズであるともいわれています。
スポンサードリンク


禁煙 治療

2008-11-20 15:09

禁煙 治療

喫煙を治療が必要な脳の病気と位置づけて、禁煙のための治療を行うことを禁煙治療といいます、従来禁煙治療には健康保険の適用はありませんでしたが、2006年4月から適用が可能になりました。
禁煙治療を健康保険適用で受けるためには「10項目jの問診でニコチン依存症と診断される」、「プリンクマン指数(1日の喫煙本数に喫煙年数をかけた値)が200以上ある」、「直ちに禁煙することを希望していて、医師から禁煙治療の説明を受けて文書で合意した」の3つの条件を満たすことが必要です。
この条件を満足すれば、禁煙治療を12週間にわたって受けることができます、禁煙治療に健康保険適用が始まったときには健康保険適用外だった「ニコチンパッチ」も、2006年6月に健康保険の適用が可能になりました。
ニコチンパッチは、ニコチンを含んだ貼り薬で腕に張ると少しずつニコチンが体内に浸透することで禁断症状を抑えながら禁煙ができるようになる、とされています。
2006年7月に2900カ所だった禁煙治療を行う健康保険適用施設は、2007年1月末で4251カ所に急増しています。
現在の禁煙指向の増大により、愛煙家・喫煙家も禁煙希望が増えてきており、「禁煙治療」も一般的になっていくようになっていくでしょう。
喫煙は、根本的には薬物依存症という病気の1種になっています。
麻薬などの依存症・中毒に比較すると柔らかな依存症ですが、喫煙が違法ではないために最終的には「禁煙は自分の意思」ということが、禁煙を難しくしているのかも知れません。

ブログ内検索