忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2018-04-25 17:28

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


子供 筋力トレーニング 注意点

2009-06-07 16:03

子供 筋力トレーニング 注意点

子供の筋力トレーニングの注意点としては、負荷をかけすぎないこととビタミンやミネラルなどの栄養素を充分に摂ることがあげられます。
骨端線(軟骨と骨の境目)が開いている子供は、重い負荷をかけたトレーニングを行うと、骨端線が傷つき、成長障害を起こす危険性があるのです。
子供が筋力トレーニングをすると身長が伸びなくなるといわれているのは、このためだと思われます。
また、体の成長にたくさんの栄養素を必要とする時期なので、栄養の偏りには充分に気をつけるべきです。
もし、栄養素が足りていないのに筋力トレーニングを行うと、本来なら体の成長に使われるはずの栄養素がトレーニングで消費されてしまいます。
必要に応じてサプリメントも利用して、カルシウムなどのミネラル、各種ビタミン、タンパク質が不足しないようにくれぐれも気をつけましょう。
骨や関節がきしんでいるように感じる時には、筋力トレーニングをしないようにするのも大切です。
少しでも体の異常を感じたら、すぐに筋力トレーニングを中断し、場合によっては医師の診断を受けてください。
骨端線が閉じる17歳頃までは、筋力をつけることよりも、骨端線を傷つけないことを最優先しましょう。
スクワットや腕立て伏せなども骨端線に負担をかけてしまうので、やりすぎるとよくないです。
軽いダンベル、負荷の軽いゴムチューブなどを使って、軽負荷トレーニングを行うことをオススメします。
なるべくゆっくりとした動きで、反動を使わずにトレーニングすると、より効果的です。
PR
スポンサードリンク


子供 ランニング 注意点

2009-06-07 16:03

子供 ランニング 注意点

子供にランニングさせる時の注意点としては、水分補給に気をつけることと足に合ったランニングシューズを履かせることだと思います。
水分補給はランニングする三十分ほど前に250〜500ml程度、ランニング中は二十分から三十分おきに200mlくらいの水分を摂るようにしてください。
水よりはスポーツドリンクを薄めたものの方が、運動時の水分補給には適しています。
ただの水だと、失った水分量と同じだけ飲むのは難しいですし、発汗によって失われた塩分を補給する必要もあります。
特に運動中は、塩分濃度が0.1〜0.2%、糖度が3〜5%の飲料が適しているでしょう。
膝や足の裏などを傷めてしまわないためにも、きちんとランニング用のシューズを用意してあげてください。
涼しい時間帯の早朝か夕方がランニングにはいいのですが、不審者が出やすい時間帯でもあるので、注意が必要です。
汗を拭くためのスポーツタオルや熱中症を防ぐための帽子なども用意しましょう。
ランニングは一週間に五日程度が理想です。
少なくても週三日くらいはランニングしないと、効果が出にくいかもしれません。
毎日ランニングするのは、筋肉を休める時間が作れないので、適度に休日をはさみます。
貧血で倒れたり、足のけいれんを起こしたりしないように、ビタミン、ミネラル、たんぱく質など栄養にも気を配ってください。
寝不足でランニングするのもよくありません。
ランニングの前後には、ストレッチなどの準備運動も忘れずに行いましょう。
スポンサードリンク


子供 持久力

2009-06-07 16:02

子供 持久力

子供の持久力を上げるには、水泳やジョギング、サイクリングなどが適しています。
持久力は一朝一夕には上がらないので、一度に長時間トレーニングするよりも、短時間でも毎日継続することが大切です。
また、タイムを計ったり、徐々に距離や時間を延ばしたりして、少しずつ負荷を増すようにするといいでしょう。
子供の持久力を上げる時に気をつけたいのが、充分な睡眠と栄養バランスのいい食事です。
朝食を抜いたり、ファーストフードやお菓子ばかり食べているのは論外ですし、寝不足ではトレーニングの効果が上がりません。
子供一人で持久力を上げるためのトレーニングを続けるのは難しいので、親も子供と一緒にトレーニングするとか、スイミングスクール、リトルリーグ、サッカークラブなどに入れるのもよいでしょう。
試合中は走り続けるようなスポーツのクラブに入ると、楽しみながら持久力を上げることができると思います。
持久力を上げるためのトレーニングは、単調になってしまいがちなので、大人でも続けるのが難しいかもしれません。
飽きっぽい子供なら尚更ではないでしょうか。
子供の持久力を上げさせたいなら、なによりもその子にとって楽しめるトレーニング方法を探してあげるべきです。
強制されて仕方なく、嫌々だらだらトレーニングしても持久力は上がりません。
また物騒な世の中ですから、子供だけでジョギングをさせるのは危険です。
子供の安全性を充分に考慮した上で、持久力を上げる方法を考えましょう。

ブログ内検索