忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2018-07-20 17:41

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


中2からの公立高校受験 中3になったら塾や家庭教師を雇う

2010-09-06 14:39


中2からの公立高校受験 中3になったら塾や家庭教師を雇う

今までは塾や家庭教師というのは、自分で勉強のスケジュール管理や計画が立てられる子ならば特に必要ないといわれてきました。
でも、受験体制や国の教育方針などは時代によってどんどん変化するものです。
たとえ、親が受験戦争で勝ち残った有名大学出身だとしても、その受験方法は現在のものとは大きく違っていることが多いでしょう。
なかなか個人単位や家族単位では対応できないのが昨今の受験の現状です。
学習塾では、各高校の方針や傾向まで調べつくしています。
さらに、近年のテスト問題や合格ラインなどのデータをきっちり分析した上で、志望高校別に授業を行っていることもあるのです。
近年では、公立高校といえども、独自の教育方針や受験システムを取り入れている学校も少なくありません。
ですから、それらの情報を得たり、希望校に合わせた受験勉強ができるという点では、やはり塾には敵わないでしょう。
ですが、塾に通うとなると、基本的にほぼ毎日、夜遅くまで外出するということになりますから、様々な危険も伴います。
それに対して家庭教師の場合は、基本的に1対1の勉強法です。
他の子と比較して勉強が遅れがちで付いていけない子や逆に他の子に合わせた授業では遅すぎて、もっと早く進めて欲しいという子にはたいへん適した学習法でしょう。
子供の能力に合わせてじっくり勉強でき、個人個人に合わせたスケジュールが組めることと、一般的には自宅での授業なのが利点です。
塾と比較して時間単価が高額で、一週間の授業時間が圧倒的に少ないのがデメリットでしょう。

PR

ブログ内検索