忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2018-09-25 05:21

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


中2からの公立高校受験 部活との両立はどうする

2010-09-06 14:40


中2からの公立高校受験 部活との両立はどうする

基本的に中学の部活動は、中学3年生の春の大会で終了するのが一般的です。
それは、高校受験に配慮してということになっています。
しかし、中学3年生の春の大会で幸運にも勝ち残ってしまうと、最終的に夏頃まで部活動が続くケースもままあります。
運動部に所属していて、運動で進学出来るようであれば問題ないのですが、なかなかそういう幸運に恵まれることは少ないでしょう。
同じ部活動で勝ち進むチームメイトの中でも、運動成績が認められて特定の高校から入学に有利な提示をもらえる人は、ごく限られた特定の1~2名に過ぎないのです。
ですから、それ以外のチームメイトは全員、他の一般生徒と同様の受験を乗り越えなければなりません。
この為、最初から運動部を避けて文科系の部活動を行ったり、部活動を一切しないというケースもあります。
でも、部活動での活躍も内申書では有利に働きますから、色々悩ましいところでしょう。
また、青春時代の重要な1ページを、受験のために何もかも我慢しなければならないというのは本末転倒です。
そもそも高校受験は、人生をより良くするための一つの手段に過ぎないと思います。
その意味でいえば、部活動に精を出すことも人生をより良くするための役に立つでしょう。
運動部の場合では、身体が疲れ切ってしまい、勉強まで回す体力が残らないというのが一番の問題点となります。
なので、通うのに時間がかかる塾よりも、家庭教師や進研ゼミのような通信教育の方が部活と受験勉強を両立しやすいでしょう。

PR

ブログ内検索