忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017-09-26 17:57

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


双子 産み分け

2009-09-24 22:51

双子 産み分け

双子には、1つの受精卵が分裂して産まれる一卵性双生児と、排卵時に何らかの原因で2つの卵子が排出され、共に受精・着床して産まれる二卵性双生児に分けられます。
一卵性双生児は、1つの受精卵が成長(細胞分裂)していく上で偶然生れるもので、基本的に血液型や性別は同じで、顔も良く似ています。
しかし、生れる原因は分かっていませんので、産み分けすることは不可能です。
二卵性双生児は、2つの卵子が受精して産まれるものですから、血液型や性別は異なる場合もありますし、顔も一卵性双生児ほど似てはいません。
通常の兄弟(姉妹)と同じ程度に似ているという事になります。
基本的に人間の女性は1回の排卵で1個の卵子を排出するものですから、こちらも偶然生れるもので、産み分けすることは不可能です。
しかし、不妊治療で利用される排卵誘発剤などを利用した場合、排卵される卵子の数が増える場合もあるらしいです。
ただし、妊娠する事に何ら問題のない健康な夫婦が、双子を妊娠することを目的に利用することは出来ません。
それに、2008年に体外受精で子宮に戻せる受精卵は「原則1個」という規程が設けられたので、受精卵を複数戻すというのも現実的には無理です。
双子は遺伝によって妊娠しやすい、しにくいがあるようですから、家系的に双子が多いようなら可能性はあるかもしれません。
タロイモを食べると双子が生まれやすくなるという説もあります。
栃木県は双子の出生率が高いとか、なぜか双子の多い地域も日本各地にはありますし、インドのコーディンヒ村は平均の約6倍もの双子が生まれているそうです。
なぜ双子が生まれやすいのかが特定できれば、将来的には双子の産み分けができる可能性はあるでしょう。
でも、双子の家系ではない女性が双子を産む場合は、母子ともに通常の妊娠・出産よりもかなりの負担がかかり、妊娠中毒症になったり、子供に何らかの異常がみられることも多いといわれています。

子供が大好きな女性なら、一度は双子の赤ちゃんに憧れたことがあるかもしれませんね。
双子用のベビーカーに乗せて、お揃いのベビー服を着せて・・・などなど。
しかし、双子を妊娠・出産することは、貧血や早産になりやすかったり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などの症状が発症しやすいなど、母子共に危険なことも多くあります。
ですから、例え双子が産まれる仕組みが完全に解明されたとしても、今後も双子の産み分けが可能になることは無いと思います。

PR

ブログ内検索