忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017-09-26 18:06

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


不登校 親の考え方

2009-05-04 02:00

不登校 親の考え方

不登校の親の考え方としては、「不登校でよかった」と考えるようにするといいと思います。
子供の心の問題は、いずれどこかで表面化するのです。
不登校、家庭内暴力、ひきこもり、傷害、自殺など、いつかは目に見える形になっていたでしょう。
子供の心の問題の原因の大半は、親にあります。
子供自身が自力で解決するのは、ほとんど不可能です。
かといって、親と子供だけで解決するのも非常に困難ではないでしょうか。
親が子供の心の問題を解決してあげられるなら、そもそも不登校にまでなっていないからです。
子供が不登校になったら、一日も早く専門家に助けを求める必要があります。
それも、様子をみましょうなんて悠長なことをいう専門家ではなく、具体的な解決策を一緒に考えてくれるような専門家です。
不登校の子供を立ち直らせた実績をたくさん持っているような専門家に相談するといいでしょう。
時間をおけば、いつかは立ち直るだろうという考えは甘すぎます。
中には自分で立ち直れる子もいますが、専門家の指導を受けないと、将来的にまた不登校やひきこもりになってしまう可能性が高いのです。
不登校の原因が何か、どうしたらそれを克服できるのか、しっかりと対応しないと、一時的に不登校が治っても再発してしまうでしょう。
不登校にはそれぞれの原因があります。
うつ病で無気力になっている子供に、がんばって学校に行けといっても逆効果です。
子供の不登校の原因を正しく見極めるためにも、専門家への相談は必要不可欠だと思います。
悩んだり後悔している暇があったら、専門家に相談してください。
PR

ブログ内検索