忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017-09-26 18:12

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


赤ちゃんの名づけ女の子

2008-11-06 12:35

赤ちゃんの名づけ女の子

赤ちゃんの名づけに利用できる漢字は、国の法律で決まっており、常用漢字と人名漢字のあわせた2928字となっております。
漢字以外で利用できる文字としては、ひらがな、カナカタ、「ー」、「ゝ」、「ゞ」、「々」があります。
また、男の子用の漢字、女の子専用の漢字などは法律上で、決められてはいませんが、現実には男の子にしか使われない字、女の子にしか使われない字はあります。
たとえば近年ずっと人気の高い漢字文字「彩」という漢字は、女の子に多く使われており、男の子の名にいれると違和感があることも確かです。
また名前は、漢字の組み合わせで読み方も自由となっていますがいくら自由とはいえ、男女の区別がつかない呼び名であったり、誰もが読み方に困るような名前では困ると思います。
名前は、その人、個人をあらわすものであり、一生付き合っていくものですので、安易なつけ方や、強引な読み方も注意したいところです。
女の子の名前で、名前の終わりに「〜子」がつくのが主流でしたが、それも1980年代後半に生まれた女の子には、ほとんどつけられませんでした。
最近ではインターネット上でも「姓名判断」はもちろんのこと、「やさしい」「かわいい」を意味する漢字や、「古風」な響きの漢字など、キーワード、イメージ別に検索できるようになっています。
国際的に通じるようにと「ルナ」「モナ」などのカタカナの名前も増えたのも、時代よって名前も大きく変化してきたということです。
PR

ブログ内検索