忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017-09-26 18:04

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


妊娠 産み分け

2008-11-02 12:12

妊娠 産み分け

妊娠の産み分けを考える際に知っておくべき知識があります。
それは、妊娠した場合に、男女の性別を決めるのは精子の染色体だということです。
卵子の染色体はXという染色体で、精子にはXとYの二種類の染色体があります。
女の子を妊娠する場合にはXの染色体の精子が受精して「X-X」になるのですが、男の子の妊娠の場合には、Y染色体の精子が受精して、「X-Y」になる必要があります。
妊娠で産み分けをしたい場合には、女の子を希望する場合にはX染色体の精子を受精して、男の子を希望する場合にはY染色体の精子を受精することが必要になるそうです。
妊娠の産み分け方法ですが、食べ物を利用する方法、排卵日にあわせたバイオリズムでの妊娠、性行為時の体位やタイミングによる産み分け法もあります。
医学面では、体外人工授精の方法なら産み分けができるようですが、人間の力で性別を決めるのには倫理的に反する気もします。
妊娠の産み分けについてですが、色々な噂や昔からの言い伝えなどがあります。
特に妊娠の産み分けについての言い伝えで多いものが、食べ物で産み分けをするというものです。
性行為による妊娠の産み分け方法については男の子を妊娠したい時には禁欲をしてY精子を多くして、寿命が短い事を考慮して、排卵日に性行為を行うことにより、男の子の妊娠の産み分けができるといわれています。
女の子の場合は、禁欲をせずに避妊具を使って何度か性行為をした後、排卵日の2日程前に避妊せず性行為を行うことにより女の子の妊娠ができると言われています。
PR

ブログ内検索