忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017-09-26 18:10

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


妊娠中毒症

2008-11-02 12:04

妊娠中毒症

妊娠中の特有の病気に、妊娠中毒症というものがあります。
妊娠中毒症の症状には、高血圧・むくみ・たんぱく尿などがあります。
妊娠中毒症の症状がひどくなってしまうと、胎盤の早期剥離、脳出血、腎障害などが起こったり、早産や死産の原因になったり、最悪は母体の命に関わることもあります。
妊娠中毒症になると、胎児にも悪影響を及ぼします。
妊娠中毒症になると、血管が収縮して血液の循環が悪くなるので、赤ちゃんに十分な血液が送られなくなります。
ひどい場合は、赤ちゃんが酸素や栄養を十分に受け取れなくなり、発育が悪くなってしまいます。
旧来より「妊娠中毒症」と呼ばれてきましたが、2005年に日本産科婦人科学会により「妊娠高血圧症候群」と名称の変更がなされました。
改名の大きな理由としては、病態が明らかにされてきたことがあり、「中毒症」という「原因毒」が存在するわけではないということが大きいとされています。
妊娠中毒症は妊婦にとっては非常に恐ろしいものなので、かからないように注意が必要です。
妊娠中毒症の原因ですが、最近の医療でも明確な原因は判明していません。
しかし、原因の一つに「血管内の凝固」という説があります。
妊娠中毒症は「自覚症状の無い病気」と言われています。
そもそも、血圧が上昇しても体調の変化が無い限り気づく事はありません。
妊娠中毒症の予防策としては、睡眠や休息をしっかりとり体に負担をかけ過ぎないこと、バランスのよい食事を心がけること、そして、塩分は控えて太りすぎに注意することなどがあげられます。
PR

ブログ内検索