忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017-09-26 18:02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


帝王切開

2008-11-04 21:59

帝王切開

帝王切開とは、出産の際、自然分娩が難しいと判断された場合に子宮を切開して出産させることをいいます。
この帝王切開という言葉はドイツ語の「Kaiserschnitt」が語源とされています。
「Kaiser」=皇帝(帝王)、「Schnitt」=手術からこの役がなされたようです。
最も有力な説は、古代ローマにおいて妊婦を埋葬する際に胎児を取り出すことを定めた「Lex Caesarea」にあるとされています。
ほかにもシーザーがこの方法で生まれたとかの説もあります。
帝王切開は、経膣分娩出産により母胎または胎児の生命の危険性がある場合に行われます。
帝王切開が行われるのは、速やかな出産が必要なのにそれが経膣分娩では難しい場合や、物理的な理由で経膣分娩ができない場合産道感染の危険性が高い場合などがあります。
帝王切開が行われる出産の例は、「常位胎盤早期剥離」、「子宮奇形」「前置胎盤」、「既往帝王切開後妊娠」、「児頭骨盤不均衡」、「体位異常」、「性感染症」、「分娩停止」、「胎児の低酸素症」が疑われ「速やかな出産が求められる場合」「子宮筋腫摘出などの既往症がある場合」などがあります。
いずれにしても母胎もしくは胎児の生命が危ぶまれる場合に行われます。
帝王切開による出産には腹式帝王切開が最も一般的に行われます。
現在では出産の際の帝王切開で死亡する妊婦はほとんどないのですが、経膣分娩に比べると4〜10倍の母胎死亡率であるとされています。
過去に帝王切開をした場合、経膣分娩をおこなうこともできますが、その場合帝王切開の準備をしてからのことが多いようです。
PR

ブログ内検索