忍者ブログ
スポンサードリンク


[PR]

2017-12-15 21:02

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スポンサードリンク


逆子出産

2008-11-04 21:55

逆子出産

逆子出産とは、骨盤位(逆子)で生まれることをいいます。
通常の頭部から出産する場合は、呼吸の自立(圧迫されることにより自立的な呼吸が促される)を考えると経膣出産が望ましいのですが、逆子出産の場合は赤ちゃんで一番大きい部位が頭であるため、逆子で生まれる場合には体が先に出てきて最後に頭が出てきますから、胎児のおなかと胎盤をつないでいる臍帯が頭と産道の間に挟まれて圧迫されます。
そのため、胎児が嫡出するまでに時間がかかると、頭と産道の間に臍帯が挟まれ圧迫されるため、血流が不足して胎児に大きな負担を与えることになります。
これらは出産前に予測することが難しいので、最終的に逆子で出産する場合は帝王切開が行われることが多いのです。
逆子出産のリスクを軽減するためには、骨盤位を頭位に変えようとするため、「骨盤位矯正の体操」や「外回転法」、「お灸」、「水中逆立ち」などの試みがされています。
その中でも逆子出産に最も効果があると見られるのが「外回転術」とされています。
外回転術の最近の動向では、子宮腔に比べて赤ちゃんが小さいと赤ちゃんを回しやすいのですが、自分で回ってまた逆子になることも考えられますので、あまり実施されていませんでした。
が、最近では子宮を弛緩させる薬剤が使われることもでき、最近復活してきています。
しかし、外回転術も「胎盤早期剥離」や「臍帯圧迫」、「出血」や「臍帯巻絡」などの危険がありますので、妊娠37週前後にすぐに帝王切開ができるように準備をして外回転術を行うようになってきました。
いずれにしても逆子出産については、主治医と相談して納得して行いましょう。
PR

ブログ内検索